カテゴリ:【DIARY】( 43 )
vol.9無事終了!
POP JACKER vol.9無事終了しました!来てくれたお客さん、関わって頂いた全ての皆様、本当にありがとうございました!

今回はいつものBLACKから規模が大きくなってREDに、そしてレコ発のツアーバンドを三組も一緒の日にやる事になったりと初の試みばかりで正直当日まで不安でしょうがなかったです。去年のvol.8が自分としてはかなり理想的なバランスで完遂出来たので尚更…。

そんな不安は、出演者の最高過ぎるライブで吹き飛びました。


【Teenagers in love】は今回男子3名の打ち込みセットだったのですが、まず声かけた時にシンセボーカルの子が出れないけど頑張りますという事で決まりまして。その後にドラムの子も出れなくなってしまい、それでも急遽エレクトロアレンジを組んでライブを組み上げて来たのは流石でした。もっとキッチリ仕上げれば二刀流で戦えるバンドになるのでは?とにかく、続けて欲しい新潟で一番期待してる若手バンドです。良かったよ!

レコ発でレイさんと共にツアーを周る【I HATE MONDAYS】は名前変わってから初見でした。四つ打ちだけじゃなく本来ロックの持つ踊れる要素があって、青臭さや音楽への情熱や愛情みたいなものをポップにまとめた王道感のあるインディーロック。ライブもめちゃくちゃ良かった!タイトな演奏、コーラスワークも気持ちよくて、トモヤさんの溢れんばかりの気持ちの詰まったギター最高でしたね〜。IHMの二人もアキモさんもめっちゃいい人でもっと沢山おしゃべりしたかったなぁ。新譜も超良いです。内容はもちろん、配信等の普及でフィジカルとしてCDの存在価値が変わって来ている今の時代にあえてパズル型ジャケットという新しいパッケージを提案して来る辺り、根本から音楽を愛しているのが伝わってきます。皆様是非!

二年の活動休止期間を経てこの日に復活を決めてくれた【Moolong & Ground Cores】もうリハで服部さんの歌を聴いて「あぁ、ムーロンが帰って来た」と込み上げるものがありましたね。。フロアにムーロンの復活を心待ちにしてきた方々が楽しそうにしているのを見れたのも嬉しかったです。演奏もMCも、ステージにいたのはまぎれも無くムーロンでした。はじめてイベントとしての手応えを感じたPJ vol.4の時もムーロンがいてくれたのを鮮明に覚えてます。ムーロンがいる時はイベント良くなるジンクスありますよね!間違いない!

今回、イベントを組むキッカケとなった【REI MASTROGIOVANNI】もう7年も8年も前からレイさんのファンでした。常に進化して新しい音楽を追求する「最新が最高」なミュージシャンであり、周りの人達をもポジティブなヴァイブスに巻き込んでしまうオーラをまとったお方。そんな人柄がわかりやすく音に現れたのが今回セルフタイトルとしてめでたくリリースとなった今作なのではないかなと思います。"HAPPINESS!!"も"relation"もNEON GRAVITYもどれも強烈なインパクトと興奮をくれたのを覚えていますが、今回はそういう感じじゃなくて何故か妙に納得する不思議な感覚があって、それはきっとこういうサウンドに行き着くのを本人も周りも待っていたというか、新しい音なのにこれをレイさんがやっている事が必然である、みたいな。よくわかんなくなってきたけど、やっぱりライブは最高で、おとなしい新潟オーディエンスが皆笑顔になって騒いでるのが見えて「ね、だから良いって言ったでしょ?」って心の中でドヤ顔してました笑

今回のイベントは【浅草ジンタ】との縁によって実現したようなものなんです。シーサーさんとはレイさんのイベントでDJさせて貰った時にはじめましてで、フジロックにも何度も出てるのにライブを見るのはこの日がはじめてでした。もう最初から最後まで熱量がハンパなくて、自分たちで「浅草のメロコア」って表現してたのが妙にしっくり来る、もうなんというかオーディエンスなのに何故か降参したくなる圧巻すぎるライブでした。シーサーさんは、ジンタ以外にも自分の好きな音楽の色んな所に参加したりしているので今回こうして一緒に出来て光栄でした。

もはや準レギュラーくらい出演してもらってる【underhead】は今回でvol.3,5,7,8に続いて五回目の登場。なんだかPOP JACKERでのライブは毎回「良いんだけど、まだイケるだろー」という感じが続いてたけど、今回は文句無しで今までで一番のライブでしたね。レイさん、ジンタの後でしかもデイイベントにしては出番がかなり遅いという事で今までで一番やりにくい場所だったと思いますが、お客さんも残ってくれたし、アンダへを観に来た人達も沢山いたし、出演者もみんなごちゃ混ぜになって盛り上がって予想以上のラストを演出してくれました。

今回のDJはキーシュカスの【AkissA】さんとニュージェネの【Yusuke】さんにお願いしました。アキヒサさんは最近ロックの現場でもDJする事が増えて、大先輩なのにどんどん増して行く音の鳴る現場へのアグレッシブな姿勢は見習わなければいけないなぁと思ってます。ユースケさんというかニュージェネとはキャリア的にほぼ同期くらいになりますかね。TxMxYxはポピーでもPJに出てもらったりしてたのですがユースケさんを自分からお誘いするのは今回が初でした。最後はTxMxYxも乱入してなんだか感慨深い3ショットが生まれましたね。二人とも短い時間しか渡せなかったのにありがとうございました!

そしてGOLDENPIGSのスタッフに本当に感謝です。この長丁場から中打ちまで自分の勝手を聞いてもらってありがとうございました。新潟でPOP JACKERをやるときはvol.1から全てGOLDENPIGSにお世話になってます。DJ文化にもしっかり理解のあるライブハウスです。

イベント終わった後は過剰な達成感から毎回「も〜〜やらない!もうやらないよ!」とか言ってるのですが結局やり続けてもうPOP JACKERも初開催から5年が経ちました。やっぱり今はもうやらない!と思ってますが、どうなるかはわかりません笑 DJは続けるし、今は曲作りを頑張りたいのでイベント企画はとりあえず置いておいて、POP JACKERという名前は都合のいい屋号みたいな?サークル名的な?感じで使おうかなと思います。今まで9回(正確には10回)やったPOP JACKERが皆様の綺麗な思い出のひとつになっていれば私もやった甲斐があります。今まで関わってくれた皆様本当にありがとうございました!!これからもPOP JACKERをよろしくお願い致します!!

長文失礼しました!

[PR]
by popjacker | 2015-04-12 11:17 | 【DIARY】 | Comments(0)
憧れに近づいて
6月のDJラッシュも無事に終えて、DJとは別の締切案件もとりあえず終えて、ようやく一息ついている7月の頭です。めずらしく1ヶ月に3本もDJを詰め込んだ2014年6月をざっと振り返ってみましょう。

6/14のBOON!!!、去年に続きやはり泥酔者続出のパーティーになりましたね。企画者の二人の渾身のイベント、めっちゃ大変だったと思います。力になれていれば良いのですが… 個人としては、やはり一番好きなDJであるタイラさんとまた今年も共演出来たのが嬉しかったです。タイラさんには東京に住んでる時にMARZに直接売り込みに行ったのがキッカケで、それからPOP JACKERのvol.2にも出て頂き、一度だけMARZでDJをやらせて頂いた事もありました。その時はきっと不甲斐ないプレイをしていたと思います。もうMARZに呼んでもらえなかったですし笑 今までも何度かDJを見てもらっても何も言って貰えぬままだったのですが、今回やっと「DJよかったよ〜」と言ってもらえました。まぁ、今までちゃんと感想をくれなかったタイラさんがはじめて良かったと言ってくれたって事は、とりあえず今までよりは良かったんでしょう笑 なんというか、ほっとしたというか、DJはじめてもう6年?7年くらい経っちゃう?それくらいですが、ずっと迷走しっぱなしだった所がやっと「これで良いのかな」と思えた日でした。

6/21のRIPPERさん主催のDISCO CHANNELはTxMxYxとのユニット「POPPYBOY:-)」としてのプレイ。ちょっと間が空きはしましたが、お互い長尺の方がやりやすいのか、結構面白い感じに出来たと思うし、リッパーさんにも良かったと言って貰えて安心しました。いつもと違う客層の方々にも見てもらえたし、純粋に楽しかったです。トモヤくんがずっと前から推してたリリスクに、ようやく最近私もハマりまして笑 「brand new dayがめっちゃ良い」という話を本番前にしたら、本番中に「ぶっ込みますよ」とホントにかけやがりまして笑 こちらも完璧な合いの手で応えました。リリスクのbnd→タヒチ80のHeartbeatに繋ぐのは我々くらいではないでしょうか?ポピーもまたちょくちょくやっていきたいですね。

そして、我がDJ史に残るメモリアルな日となった「MIXX BEAUTY @ NAGANO」です。旅するコンコスとマジックナンバーとのトリプルタイトル。長野に住んでた頃にお世話になりまくってたマジナンジュンさんに誘ってもらいました。2年以上も前に「今度タイチくんが来た時は一緒にやろうよ」って言ってくれて。「(まぁ、社交辞令だろうけどジュンさん優しいな、ありがとう…。)」なんて思ってたら時を経てホントに誘ってくれました!笑 自分がミュージシャンとして一番リスペクトしている元riddim saunter/KONCOSのTA-1さんに、そのTA-1さんの師匠とも言えるCUBISMO GRAFICOのCHABEさんと共演することに。
今年の2月くらいからもう決まってたのですが、それからずっと緊張しっぱなしで。旅するコンコスは去年の2月にも新潟編で出演させて頂きましたが、その時はタイチさんにDJ良くなかった的な評価を頂きまして…。(直接そうは言ってないものの。)今回、遂にタイチさんと、更にチャーベさんともDJを一緒に。コンコスのライブはもちろん、パノラマファミリーのライブまで追加になったりして、超豪華な日に自分の名前もクレジットされる事に。光栄であると共に、どうしたらいいかわからず怯んでしまい、誘ってくれたジュンさんに「出番早めにしてください…」なんて弱気な事を言ってしまったりして。結局、当日の自分のDJはタイチさんにもチャーベさんにも見てもらなかったですが、今回それはとりあえず良いんです。コンコスのライブが神懸かり的に素晴らしかったんです。あの優しい歌たちを超アグレッシブなパンクスタイル、いやハードコアと言ってもいいようなアレンジでFAMEを一気にコンコスの世界に。あれ?この感覚、はじめてじゃない… そう、リディムが音源とライブで表情が豹変するあのキラキラと輝く特別な高揚感に近いものを感じたんです。そんなライブを見ながらこみ上げて来る幸せな空気になんだか涙が溢れてきました。と同時に、やっぱり、憧れは憧れのままなんだなって。そんな事を感じれただけでも、とても有意義な日になりました。
その後のチャーベさんとタイチさんのDJ、やっぱり何と言うか、もう根本から違うんですよ。積み上げて来たものとか、ルーツとか。自分がDJを名乗る事すらおこがましいと感じてしまう程の超えられない壁がありました。「本物」を目撃した感覚ですかね。やっぱり自分にとってこの二人は、共演したとは言えただのファンなのです。その線引きが出来た事、そして改めてこのメンツと同じイベントに出演できた事が本当に嬉しかったです。改めて、ジュンさんありがとうございました。


この自分としてはDJは月1くらいでも多いくらいなのに、月3は超ハイペースで6月が光の速さで過ぎていきました。どれもメモリアルな日で大変充実した日々でした。7月はちょっとお休みして、次は8月のこちら。
b0201251_21252129.jpg

ニュージェネのPLAYです!新生ヒルズと共演、これまた楽しみですね。皆様こちらもまたよろしくお願いします!
[PR]
by popjacker | 2014-07-07 21:25 | 【DIARY】 | Comments(0)
vol.8ありがとうございました!
久しぶりの企画となったPOP JACKER vol.8、過去最高の動員数を記録して大盛況で幕を閉じる事ができました 。皆様本当にありがとうございました。

日が近づくにつれて2/28を楽しみにしてくれる声が増えて、イベントに沢山の人が集まってくれて、終わってからもtwitterで呟いてくれる人が沢山いて… 今までにない期待値の高さとリアクションの多さに感激しました。RTなどで協力してくれた皆様、行けないけど行きたかったと思ってくれた皆様にも本当に感謝です。twitterで全員にリプライを飛ばすのは大変なのでこのブログに全て詰め込みたいと思います。


今回出演してくれた新潟勢、ブッキング段階で四組中二組が実際にライブを見た事の無いという賭けに近い状況でお願いした訳ですが、なぜこうしたかというと「自分が行きたい!と思うイベントを組む」という精神に基づいたからでありまして。このラインナップは面白そう!と自分で思えなきゃ他の人も思えないじゃないですか。いくら集客が出来るバンドだけ集めても「あ〜またこの感じね」と思われたらつまんないですし。

"Teenagers in love"はまだライブ三回目のバンド、確かにすごく緊張してたみたいだけど、彼らの奏でる曲の良さは、なんとか間に合わそうと急いで来てくれた人達にきっと伝わったと思います。これからもゆっくりでいいから続けて欲しいと心から思うバンドです。これからも応援してますよ!

"Ring/sec"に至っては今回が初ライブ。長年新潟のバンドシーンを最前線で支えて来たムーロンとソシヲドラマの二人が新しい事をやる。これだけで「え?どんな事やるの?」って気になるじゃないですか。さっき言った精神はこういう新しいアクションへの期待にも通ずる所があります。実際、期待以上のクオリティの高さでビックリしました。

"間瀬啓介&本間克範"前半からDJ、バンド、DJ、EDMと続いて絶え間なく音楽が続いた中での、このアコースティックなライブがイベントの中盤にある事でとても良いアクセントになったと思います。(計算通りです笑)歌の良さと演奏の繊細さが更に際立って輝いていました。一緒にイベントできて本当に嬉しかったです。

"underhead" まぁ予想通りというか、色んな意味でやらかしてくれましたね笑 それを期待していた訳ですが。MOROHAが始まる前にドカンと爆発させて欲しかったのでやっぱり適役でしたね。それまでおとなしかったお客さん達も声を上げて手を叩いて盛り上がってる光景はやはり流石。全員えげつない演奏で最後の方もはや笑ってました。リハでドラム叩いたのも貴重な経験させてもらいました。

"TxMxYx"には今回沢山の枠をお願いしたのですが、中でもRing/sec前にエレクトロセットでお願いした時間帯にかましてくれたムーンバートンが滅茶苦茶気持ち良くてビックリしました。生き生きしてましたよね笑 あ、でもPOPPYはちと失敗した所があったけど笑 来週またやるのでリベンジですな。今回も一緒にできてよかった。

"MOROHA"のライブ、ヤバかったですね。ここで私が多くを語らずとも観てくれた皆様にもきっとMOROHAの「頑張れ!」は伝わったと思います。CDが沢山売れたようで、これはホントに自分の事のように嬉しいですね〜。レコ発でわざわざ新潟まで来てくれて、そこでCDが沢山売れるのはレコ発で地方に行く理想系だと思います。良かった良かった… 一緒に白寿に行けたし、打ち上げでUKさんと沢山語れたし。もっともっと伝わって欲しい、伝わらなきゃいけない音楽です。これからも応援しています。

GOLDENPIGSありがとうございました。新潟でやる時はvol.1から全てこのBLACK STAGEでやらせて頂いてます。MOROHAもここを気に入ってくれて良かったです。最初は30人も集まらなかったイベントが、同じ会場でこんなに沢山の人で溢れるようになって、少しは成長した所を見せれたかなと思います。ありがとうございました!

月末の金曜日という忙しい時間帯にも関わらず足を運んでくれた皆様、本当にありがとうございました。POP JACKERはまたいつ開催するかは未定ですが、またこうしてMOROHAのように「どうしても伝えたい音楽」が出来たときにはまた遊びに来て頂けたら嬉しいです。DJは続けます、すげーイベント決まってます。そしてDJとは関係ないまた新しい事にもチャレンジしています。これからもKAZ POP JACKERをどこかで気に留めてもらえたら幸いです。ひとまず大きなイベントは無事終了、関わってくれた皆様に感謝します。ありがとうございました!!


KAZ
[PR]
by popjacker | 2014-03-02 13:50 | 【DIARY】 | Comments(0)
超個人的出演者紹介
いよいよ明日に迫って参りました。POP JACKER vol.8ついに開催です。ここで今更ですが今回のイベントがどういった経緯でこのメンツになったかを出演順に紹介します、音楽性とかでは無く。笑

また長いです、ご注意を。


まず【Teenagers in love】というバンドは、同じく 今回の出演者の【TxMxYx】がtwitterに「新潟にこんなバンドがいる」とツイートしたのがキッカケ。音源を聴いて「これは…!」と(勝手に)運命を感じてしまいました。そしてライブも観た事ないのにtwitterでオファーして数分でOK頂きましたw その後ライブを観る機会があったのですが、正直「曲はいいけどライブ下手だったらどうしよう」と少し不安でしたが(笑)そんな曇り空なんてブワっと吹き飛ばすようにライブも素晴らしく、いや、音源の何倍もアグレッシブになっていてビックリしました。もう一度言います、ビックリしました! 平均二十歳の新潟期待の若手、18時半と出番は早いですが、絶対観た方がいいです


そして二番手は【Ring/sec】リングパーセカンドと読みます。新潟で活動していて今は休止中のMoolong & Ground Coresの白倉さんとソシヲドラマの小林拓さんが新しいユニットを結成した訳ですが、白倉さんとは大学の先輩で(卒業後に知るパターンですが)付き合いも長く、宅録の話などで盛り上がったりしていまして。その中でハクさんがEDMにハマり、ムーロンとは別に新しい事をしたい、という話を結構前からしていて、そのいっちばん最初のデモが出来た時にも最初に聴かせてもらいました。そして後日「POP JACKERでやりませんか?」と声をかけたら即答でお返事頂きました。なのでどんなライブなのかオレもわかりません!新しいアクションは何でもワクワク!楽しみですね。

三番手は【間瀬啓介&本間克範】 間瀬さんのライブを観て感動して、友達を通じて間瀬さんと繋がりました。ソロになる前にやってた魔界ポリゴンも好きで何度も観てたんです。ビレバンで魔界のCDを買った数日後に解散の報告を受けるという切ない思い出もありますが…笑 そして万代バスセンターで野外ライブをやったとき、密かにiPhoneのボイスメモで音だけ盗み録りしてたのですが(笑)それを一人で何度も聴いてました。間瀬さんずっと音源なかったので…。そしてリバーストで本間先生とのコラボでまた更にぶち抜かれ本間先生にも直接オファーしました。緊張しました。笑 このお二人も直接声を掛けさせて頂き快諾してくれました。 念願ですホント。

POP JACKERはバンドとDJの共存するイベント。もちろん私も転換中にDJで参加しますが、今回はNewGenerationから【TxMxYx】と一緒にDJします。それぞれのソロと、彼とのB2B(バックトゥーバック:二人で1曲ずつ交互に曲をかけあうDJプレイの事)をやるときはPOPPYBOY:-)という名前を使って最近やってます。彼とは好きな音楽が似ていて、知り合う前にDesmond and the Tutusの来日公演で同じ場所に遠征に行ってたり、なんて所から実は始まってたみたいです。POPPYBOY:-)という名義を使う前も何度かB2Bやってましたが、もれなく楽しいんですね、何も決めずに始めるスリルみたいなのが笑 まぁオレもあまり喋る方ではないですが、彼もなかなか寡黙な男でして、未だに何考えてるか掴めない所もありますが、新潟でロックでDJやる中では一番信頼しています…ってなんかすげー偉そうな言い方ですが、今回沢山出番を渡したので、思いっきり好きなようにやっちゃって下さいな!

四番手は【underhead】は同年代の友達たちです。ライブじゃなくても普通にふらふら遊びに行ったりします。もちろん彼らの音楽が素晴らしいと思ってオファーしている訳ですが、正直それ以外の部分もあります。(打ち上げで彼らがいれば安心だとか、しっかり集客してくれるとか…笑)ただのなれ合いじゃなくて、彼らの音楽はもっと評価されるべきだと思いいつも誘っていたらPOP JACKER最多出場になってしまってましたw 今回MOROHAという超強力な対バンを新潟で迎え撃つには彼らは適役ではないかと。存分に大暴れして戦って頂きたいと思います。
で、時期によって形態が変わるunderheadの最近のキーマンが鍵盤のnabeLTDさん。正直まだ挨拶程度なのですが、この間ビックリする事がありました。いつも東京のイベントに呼んでくれるスカミュージシャンのReiMastrogiovanniが東京のミュージシャンを集めてジャムセッションをやった時の写真に、TheFutureRatioの中村さんやSHAKALABBITSのMAHさんなどと一緒にunderheadのナベさんが映っているではないですか…!そしてその後にReiバンドのキーボードとして参加しているではないですか!! これにはビックリしました…明日その話をしようと思います。笑 そんなナベさんの鍵盤にも注目です。

そして、今回イベントを組むキッカケになった【MOROHA】 彼らとは一度、長野でPOP JACKERをやった時にもゲストで来てくれました。新宿でライブを観た時、あまりの衝撃に涙し、直接オファーしたらMOROHAも長野出身という事が判明、開催に至りましてそれからの付き合いです。MC AFROがバーテンをやる渋谷EARでもDJパーティーをやらせてもらったりもしました。あれも楽しかったなぁ〜…
ちょっと何言ってるかわからない文章になってしまうかも知れませんが、彼らのライブは自分の中で特別で、音楽を楽しむというよりも、自分自身に喝を入れてもらう、いや、自分自身と戦いに行く、いわば戦場であり、魂の洗浄の場でもあると思ってます。(さりげなく韻を踏みに行く。)MOROHAのMC AFROが紡ぐ言葉が、嘘や偽りで身を隠した自分の本性をむき出しにして「おい、お前やれんのか!?」と一喝入れに来たり、時には「大丈夫、人間なんてそんなもんさ」なんて慰めてくれたりもする。そんな隠してた感情を揺さぶって、平坦な日常に入り込んで来る「MOROHAのライブ」の力に何度となく背中を押してもらって来ました。
でも、いくらMOROHAのライブで感動したからって、すぐに自分の日常が変わる訳ではもちろんないです。結局、自分を変えるのは自分次第なんだって。それを心に刻み付けたのが「MOROHAのライブ」でした。彼らのライブと出会って何が変わったかって、それに「しっかり気付けた」事なんです。まだ観た事ない人は、まず一回観てみて下さい。人生のスパイスになる事間違いないです。
そんな事を、ひとりでも多くの人に感じてもらいたい、これが今回イベントを組むキッカケになった想いです。MOROHAのセカンドアルバムのツアーというタイミングで、これは何としてでも新潟市で組みたいと思った次第であります。


とまぁ、そんな訳で明日開催のPOP JACKER vol.8、出演者それぞれ超個人的なドラマがあるわけで、こんなのお客さんにとってはどーでもいい話かもですが、知っていればまたこのPOP JACKERというイベントをどんな想いで開催しているのかが感じられて良いのでは…ないでしょうか?笑 

とにかく、どの出演者も素晴らしい音楽をやってます。楽しい夜になります。

それでは明日、よろしくお願いします!!


KAZ
[PR]
by popjacker | 2014-02-27 23:20 | 【DIARY】 | Comments(0)
2013年総括
2013年ももうすぐ終わりですね。

今年はDJの本数こそ少なかったけど、1本1本がどれも忘れられないメモリアルなものとなりました。簡単にですが、振り返ってみますね。

1月、Reiさん企画"SPACETRAIN"のvol.3に出演させて頂きました。この日はなんと渋谷Gladがソールドアウト!ずっと大好きだったSHAKALABBITSとまさかの共演もできていきなり最高の年明けとなりました。色んな経験をさせてくれたReiさんには本当に感謝しています。またいつでも呼んで下さい!

2月、私が一番尊敬しているアーティスト、riddim saunterのTA-1さんが今やっているユニット"KONCOS"のツアー新潟編に参加させてもらいました。正直、DJの出来は満足できるものではなかったし、TA-1さんにも良くなかった(というニュアンスの返事)を頂きました。色々勉強になったし、なによりコンコスの二人と関われたのがやっぱり嬉しかったです。

5月、私が一番好きで目標としているパーティー"FREE THROW"の新潟編に参加させてもらう事に。この日は更にゲストバンドでQUATTROが一緒に来て、なんかもうやっぱり特別な日になりました。DJのリアクションもあって嬉しかったですね。「フリスロで」という所が更に嬉しかったです。

8月、NILE LONGとOrlandのレコ発。地元のイベントを企画したパーティー女子3人に誘ってもらいました。はじめて企画した日に呼んでもらう、やっぱりこの日も特別なものです。

11月、ニュージェネ企画の"PLAY"に呼んでもらいました。沢山の人にDJを観てもらえたし、ニュージェネの3人の丁度中間くらいのDJが出来たかなと、自分でも楽しめたしリアクションも良くて純粋に楽しかったです。

そして1年で3枚もMIXCDを作ったのははじめてでしたし、やっぱり、「DJ続けてて良かった」この一言に尽きる一年だったと思います。

何事もきっと、続けていれば何かあるんですよ。それを実感した2013年でした。関わってくれた全ての皆様に感謝です。ありがとうございました。


さあ、来年は2月にPOP JACKERも復活する事ですし、相変わらずマイペースに走り続けますよ!2014年も、POP JACKERをよろしくお願いします!!


KAZ
[PR]
by popjacker | 2013-12-29 23:55 | 【DIARY】 | Comments(0)
公式twitterアカウント作りました
イベント情報をまとめるためにtwitterにアカウントを作りました。

@popjacker_info

早速フォローして頂いた方、ありがとうございます。
イベントの詳細やDJ、ライブの情報を中心に更新していきます。

こちらは昔からあった個人的なアカウントです↓

@kaz_popjacker

今まで通りに日々の思いを適当に綴るアカウントです。

中の人間に興味ないけどイベントには興味あるって方は公式の方だけでも、イベント情報はいらねーけど知り合いだからしょうがねー、イベントには興味ないけど中の人には興味あるっていう方(?)は個人アカの方をフォローよろしくお願いします!
[PR]
by popjacker | 2013-12-13 20:48 | 【DIARY】 | Comments(0)
2013年夏、終了
また更新が滞ってしまいました。。ごく一部の方からは何かある度に「ブログ書いてねーな」って言われるのでちょくちょく書こうとは思っているのですが…最新情報はtwitterが一番早いので @kaz_popjacker をチェックして頂ければ、と言っても大した事呟いてないですけど笑

さて、外はすっかり涼しくなって2013年の夏も終わってしまいました。今年は妙にアクティブになり、1週間で4日もイベントなりBBQなりで海に行ったりして、インドアオタクな私にしてみたらやけにリア充的な活動をしていたような気がします。フジロックは結局前夜祭から虫食いな感じで全日参加し、BOON!!!に出演させて頂き、夏生まれなので歳をひとつ重ねたりしました。気が向いたらこの辺の事も詳しく書こうと思ってます。(という事は結局書かないパターンが多い…)

相変わらず不安定な生活を送っておりますが、DJは随時オファー募集中なので、何かあれば"とりあえず"声掛けてください!オールナイトなら日程さえ空いてれば基本大丈夫です!

現在は新潟で1本決まっておりもう告知されてますが、これは本当に後日しっかりブログにまとめますので、近日中に!

ということで、恒例の生存報告でした、よろしくお願いします!
[PR]
by popjacker | 2013-09-19 21:12 | 【DIARY】 | Comments(0)
フジロックの季節!
今年もこの季節がやって来ました。私の1年はフジロックを中心に回っていると言っても過言ではありません。でも今年は前夜祭と1日目しか参加できません。(調子が良ければ土曜深夜のルーキー&パレスも。)2年連続3日通し・去年は前夜祭から全部参加だったのでやっぱり物足りないですが、今年で6年目の参加になります。

DAY1金曜日、まず朝イチREDの「QUATTRO」から「PEPPERTONES」でいきなりこの日のハイライトを迎えます笑 「QUATTRO」は5月のフリスロ新潟で共演させて頂いた大好きなバンド。去年からフジに来ると予想していたので、個人的に念願叶った感じです。昨日も新潟でライブだったのですが、やっぱり好きです。準備体操完了!そして「PEPPERTONES」は"韓国の渋谷系"なんて呼ばれてる最高に爽やかでポップなバンドです。韓国?なんて思うなかれ、超気持ちいいサウンドですよ!
その後は「RHYE」、ここは金曜の目玉じゃないでしょうか。同じ時間帯の「THE SEA AND CAKE」も見たかったけどオレンジまで行く元気が果たしてあるのか、いやないだろう… そして「FUN.」もやっぱりミーハー心で見ておきたい…!(いや、「FUN.」になってから実はCD全部買ってたんですよ?大好物な音だし。でもこんなに世間的にヒットするなんて思ってもなかったんです…)余裕があれば「LOCAL NATIVES」も目撃しておきたい所。
「OF MONSTERS AND MAN」はかなり見たい優先度だったのですが、裏のマイブラ→「Chara」の流れも捨てがたい…マイブラも見た事ないから見たいし、「Chara」も前回のフジのライブめちゃくちゃ良かったので見たい。。マイブラ途中まで→OMAMも可能だけど、これはきっと当日の気分になりそうです。
個人的ヘッドライナーは「TAME IMPARA」で行こうと思ってます。暗いビートルズみたいでカッコイイです。「FLYING LOTUS」も見たかったけど中途半端にハシゴはしない方向で。「Char」のジャムセッションも気になる…わざわざジャムって言ってるくらいだからすげー大物ゲストとか来そう。。実は大学生の時は新潟に「Char」が来た時は全部見に行ってたんですよ。「NINE INCH NAILS」は数年前のサマソニで雷雨の中の凄まじいライブを目撃しました。けどこれと言って思い入れが無いのでちょろっと見れればいいかなと。
今年は、オアシスに通じるHMVブースでもDJがあるらしく、そこで0時頃に「QUATTRO」のハマさんがDJやるという情報が入ったので観に行こうと思ってます。フリスロ新潟の時のハマさんのDJ最高にカッコ良かったのでまた見たいと思ってた所でした。これも楽しみ!

さて、事件が起きたのはここからです。

音楽をやってる人なら誰もが憧れるフジロックというステージ、その中でも一番可能性を感じるルーキーアゴーゴーのステージ。新潟で活動するバンドマンと交流していつも話題になるのは「なぜ新潟のフェスに新潟のバンドが採用されないのか」確かに、新潟だからといって特別枠を作るのはどうかと思うけど、例年のルーキーの面子を見て、それでも贔屓目抜きで採用されてもおかしくないと思える音楽をやっているバンドが新潟のインディーシーンには沢山います。そして今年、ついに上越のロックバンド「My Hair Is Bad」がルーキーに選出されました。これは快挙です。十数年の歴史を持つフジロックについに新潟のインディーバンドが採用されたのです。きっと周りのバンドマンは賞賛しながらも悔しい気持ちで一杯だと思います。なぜかオレですら悔しいくらいですから!笑(当日はどうしても「DJ SHADOW」が見たいのでちょっとどうなるかわかりませんが…)来年は自分が応援しているバンドにも是非ルーキーと言わず一発本戦出場決めてもらいたいですね!

とにかく、今年は1日しか行けないので最初から最後まで遊び尽くそうと思っています!明日に前夜祭を控えておきながら現在も新潟市はずっと雨なのでおそらく本番も完全に雨だと思います…もうこうなったらどうにでもなれですわ!

そのまま元気が残っていれば、金曜の昼間を場外で時間をつぶして土曜のルーキー「Homecomings」「ミツメ」「森は生きている」の流れからまさかのパレスでの「WILKO JOHNSON」のDJ、「DJ SCRATCHY」、「YOUR SONG IS GOOD」というとんでもない流れは何としても目撃したい所!

ホントはもちろん全日程参加したい所ですが、自業自得の金欠、こればかりはしょうがないです。限られた時間を存分に楽しみたいと思います!さあ、いよいよ2013年のフジロックが始まります、今年はどんな素敵な音楽と出会えるでしょうか。今から楽しみです!会場で会える皆様、是非とも現地で乾杯しましょう!
[PR]
by popjacker | 2013-07-24 15:21 | 【DIARY】 | Comments(0)
近況
ご無沙汰しております、ポップジャッカーです。

先月のフリスロ新潟、遊びに来て頂いた皆様ありがとうございました!私がDJをはじめてからずっと憧れだった舞台に立てて感無量でした。更には、フリスロ御一行を新潟観光するという、コンコスに続きゲストおもてなし係を務めさせて頂きましたw コンコスの時は時間もなく、ただ何も無い古町を練り歩くだけというなんとも悔いの残る(?)ツアーガイドになってしまいましたが、今回はまず日本海にお連れしてテトラポットを飛び越えて行ける所まで行ったり、白山神社ではタイラさんと誠さんの全力ブランコからの、今夜のフリスロ成功祈願のお参りに行った先で発見した神さんのこれから八方塞がりな年が続く厄年情報を知ってしまったり、古町のマンガストリートやキングコングでレコード物色したり、からの、おでんのじゅんちゃんで前飲み!イベント満載で(?)フリスロ新潟を迎えました。

やっぱりフリスロの空気感が好きだなと改めて実感できた日でした。自分のDJもまだまだ課題は残るものの、これからまた頑張ろうと思える前向きに終われる現場になりました。最近こういう事あまり無かった(落ち込んでネガティブになる方が多かった)ので。何よりも、QUATTROのハマさんが2回目のDJずっと見てくれてて、ライブ終わってからすごく良かったと褒めて頂いたのが本当に嬉しかったんです。正直、コンコスの日は不完全燃焼だったので…好きな人に評価して頂けてホントに良かった。。QUATTROのライブも最高過ぎてどうかなりそうでしたし。。

今回、ブッキングがバタバタしてしまいましたが、ニュージェネ全員と一緒にフリスロをサポート出来たのも貴重な経験だったかなと。ブギータイムがサポートする時とは客層もガラっと変わると思うのですが、ライブハウス側との方が接点の強い我々にしか出来ない空気感はきっとあったはずです。フリスロの3人がどう思ったかは正直わからないですが、また一緒にやりたいと思ったのは新潟勢全員同じ気持ちなはずです。パーティーの作り方など、まだまだ勉強しなければいけない事が沢山ありますね。

そして、今回限定で無料配布した5.5th MIX CDも好評で良かったです。こちらで無料DL出来るので、参加出来なかった方はご自由にどうぞ!
【FREE DL】http://firestorage.jp/download/e2077c327cde8136c8a445ab2e247d298bf6ba3d
【試聴】http://www.mixcloud.com/popjacker/kaz-pop-jacker-55th-mix/

次のDJはまだ決まってないですが、決まり次第また連絡しますのでしばしお待ち下さい!
[PR]
by popjacker | 2013-06-03 23:40 | 【DIARY】 | Comments(0)
MIXCDへのこだわり
およそ二年ぶりに新しいMIXCDが出来ました!

KAZ POP JACKER 5th MIXCD "GIFT for POP LOVER"
b0201251_0235619.jpg

せっかくなのでこの機会に私のMIXCDへのこだわりを。

5枚目となる今作は、北欧を中心に世界各国のインディーポップミュージックがたっぷり詰まった1枚となりました。もうどこをとってもとにかくPOPでCUTEでHAPPYな作品となりました◎27曲74分収録 新グッズのステッカーにCDをセットにするという形でライブ会場限定販売、価格は前作から据え置き破格の500円!今回は私のつたない文章ですが、1曲ずつ解説をした全曲レビューシートも封入されており、より一層このミックスの世界感を楽しめる作品となっております。

正直、MIXCDを"売る"という行為はよっぽどのDJでないとやってません。販売方法もグレーゾーンで厳密に言えば問題があるかもしれません。でも、MIXCDに限らず、タダでもらったCD-Rとかフリーダウンロードした曲って、実はあんまり聴かなくないですか?ダウンロードしただけで満足してしまい、HDDの肥やしになる事の方が多い気がします。一番簡単で便利ですが、自分は形に残す事にこだわって来ました。

DJだけど、インディーズのバンドやアーティストと同じように、自分でモノ作りをして現場で直接手渡しをする。DJなのに、その時のプレイを見て、またはたまたま物販が出てたから覗いてみて、気になったから買ってみる。評価がされにくいDJという存在が、一番わかりやすくオーディエンスから評価して頂けるツールではないかと思います。

このCDは74分収録されているのですが、最初から最後まで1発録りです。このしんどさはきっと同業者しかわかって貰えないと思うので割愛します笑 レコーディングも本当に大変な作業なのです。。
ジャケットは前作から引き続き、手作り紙ジャケを採用しておりまして、ペーパークラフトをする程の労力と時間を費やし、印刷して切って貼って糊付して1枚1枚手作りで作成しております。CD-Rも、白いままでは味気ないのでデザインして印刷して、それを焼いて不織布に詰めて紙ジャケに入れてOPP袋に入れてやっと完成!この手間を考えれば500円なんて大赤字ですが、実際500円でもなかなか売れません。だって、ライブハウスが主な活動主体のPOPJACKER、バンドを見に来たお客さんは「MIXCDって何?」てなもんです。

それでも、4枚目の前作は新潟はもちろん東京や長野の居酒屋や美容室、アパレルショップなどの店内BGMで使ってもらい好評を頂きましたし、現場に出向いた時にリスペクトするミュージシャンにこのCDを手渡ししたり。先日、見事ソールドアウトを記録した渋谷Gladで行われたイベント"SPACETRAIN"に誘ってもらったキッカケも、主催者の方がこのMIXCDを気に入ってくれてオファーを頂いたんです。

そんな汗と涙の結晶となった5枚目のMIXCD、通販を希望する声が結構多かったので現在前向きに検討中ですが、委託になると価格も上がり送料なども含まれるので、やっぱり現場でチェックして頂きたいです!次のライブはいよいよ来週、新潟です!

2013/2/2(土)
KONCOS ファーストアルバム"ピアノフォルテ"リリースツアー
「旅するコンコス~みんなのまちとぼくらのおんがく~」

会場:新潟GOLDEN PIGS YELLOW STAGE
w / 鈴木恵 with THE BEAUTIFUL DAYS,DJ KAZ(POP JACKER)
OPEN/START 19:00
ADV¥2,500 / DOOR¥3,000-

最もリスペクトするミュージシャンとの共演です。KONCOSのTA-1さんも自分の4thMIX聴いて覚えてて下さいました。光栄です。新潟の皆様、是非このライブ見逃さないで下さい!そして、良かったらこの新しいMIXCDもゲットして頂ければいいなと思います。チケット予約絶賛受付中です!

今までで一番良いDJします。長文駄文失礼致しました。

よろしくお願いします!!
[PR]
by popjacker | 2013-01-26 00:24 | 【DIARY】 | Comments(0)
   

DJ KAZによるホームページ兼、新ブログです
by popjacker
> 最新の記事
2016年ベストアルバム9選..
at 2016-12-28 23:41
近況 -2016/12/23-
at 2016-12-23 03:14
[SET LIST] 201..
at 2016-09-10 13:36
フジロック2016レポ
at 2016-08-10 23:00
MOROHAワンマンライブ ..
at 2016-05-29 22:17
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧