カテゴリ:【FAVORITE】( 4 )
2016年ベストアルバム9選(+9)
今年もこの時期がやって来ました。今年は純粋によく聴いた9作品と、2016年を象徴するようなインパクトがあって記録しておきたい更に9作品を簡単なコメントを添えて紹介します。なぜ9枚ずつかと言うと、画像9枚にまとめるやつをやりたかったからです笑

b0201251_23140909.jpg
○KONCOS 「Colors & Scale」
進化を続けて3ピースバンドになったコンコスの3rdにして新たな1stとも呼べそうな一枚。音楽の魅力に体も心も自然に踊ってしまう。ライブではリディム時代を彷彿とするハードコアパンクの側面が全面に出てまるで別物に変化するまさに魔法のような音楽。心臓の奥が熱くなるイメージ。

○The Avalanches 「Wild Flower」
サンプリングミュージック集団の16年ぶりのセカンド。リリース以来、何聴こうか迷ったら無意識にこれを再生してたくらい体にスっと入って来る幸せな音がギュっと詰まった一枚。何がサンプリングされてるかなんてわからなくたって良い、気持ち良くなれればいいじゃない。

○TWEEDEES 「THE SECOND TIME AROUND」
去年の1stがあまりにも素晴らしかったけど、2ndも凄かった。沖井節炸裂しまくりの開幕3曲の暴れっぷりが最高過ぎだし、"PHILLIP"をはじめて聴いた時の衝撃は2016年一番だった。欲を言えば後半にもっとアップテンポな曲が欲しかった。

○The Lemon Twigs 「Do Hollywood」
20歳にもなってない2人組のデビュー作。ビートルズ風味のインディーサウンドだけど、若さ故の固定概念に捕われない曲の展開に圧倒される。今後の作曲に影響してきそうな音楽的アイディアが詰まっている。これ、凄いです。

○Keishi Tanaka 「What's A Trunk?」
世界で一番好きなバンドriddim saunterのVo.ソロ3枚目。今までで一番カラフルで楽しいし、何かSSWという肩書きから解き放たれて吹っ切れた感じがする。"Just a Side of Love"は私の2016年ベストトラック。

○Boulevards 「Groove!」
USファンクミュージシャンの1st。Captured Tracksからとは思えない陽気でご機嫌なファンクポップミュージック。顎が前に出てしまうようなグルーヴィンな曲揃い。

○Chance The Rapper 「Coloring Book」
黒過ぎるヒップホップはあんまり聴かないけど、これはヒップホップに精通してない人にもポップミュージックとして届く力のある音楽だと思う。
FREE DL( http://samplinglove.blog94.fc2.com/blog-entry-2623.html )

○宇多田ヒカル 「Fantôme」
宇多田ヒカルのアルバムの中でもかなり好きな方。言葉選びのインパクトや、独特な歌い回し等、やっぱりこの人は特別な歌手だなぁと、改めて凄さを感じた。

○UNISON SQUARE GARDEN 「Dr. Izzy」
デビュー前から聴き続けてるバンドの新作。やっぱりスカっとする日本語ギターロックが好きだけど、ユニゾンは自分の中で別格。凄い量の歌詞もポップにまとめるメロディセンスが更に磨かれた。

・・・

ここからは2016年、インパクトに残った作品を紹介します。EPも混ざってますがご了承下さい。
b0201251_23143343.jpg
○MOROHA 「MOROHA Ⅲ」
遂にフジロック出演を果たしたラップ+ギターの2人組ヒップホップユニットの3枚目。他の誰とも似ない、言葉の迫り方と伝わり方に説得力が増している。

○Sofi Tukker 「Soft Animals - EP」
SXSW2016の出演者を片っ端からチェックしてた時に見つけたNYの男女デュオのデビューEP。リフが担う仕事の理想型のような格好良さが印象的。ティンティンズ辺りの匂いがする。

○TV GIRL 「Who Really Cares」
バンド形式を取り入れた最高にハッピーなサンプリングポップ。とにかく幸福な空間を作ってくれる、何も考えずにただ音に身を委ねるのみ。
FREE DL(1stも可能) ( http://simonsaxon.com/music/tv-girl-who-really-cares/ )

○片想い 「QUIERO V.I.P.」
カクバリズム出身ポップバンドの2nd。様々な音楽をオリジナリティ溢れるポップミュージックに昇華しつつ、間の抜けたボーカルが個性的で笑えたり泣けたりで中毒性あり。

○Prep 「Futures - EP」
ロンドン出身AOR寄りのR&BポップバンドのデビューEP。ゆったりしたリズムと優しい歌声で体を揺らせる心地よいポップミュージック。アルバムに期待。

○KING 「We Are KING」
女性R&Bグループの1st。メロウでスムース、色んなバランス感が凄い。なんだか今の時代に鳴ってる音をひとまとめにした時に真ん中にいそうな音って感じがした。

○Lido 「Everything」
ノルウェーのプロデューサーLidoの1st。近未来的なエレクトロ、あんまり聴かないジャンルだけどこれはビックリした。色んな音にただただ圧倒される。「すげ〜…」って口に出して言うやつ。
FREE DL (※リリース時は出来たけど今は出来ないっぽい…)

○こぶしファクトリー 「辛夷其ノ壱」
ハロプロ新人の1st。既発のシングル曲がどれもファンクで最高だったが、アルバムはそこを掘るのではなく軸に音楽性の幅を横に広げた感じで、ロックな音が増えた印象。優良J-POP作品。

○鷺巣詩郎 「シン・ゴジラ音楽集」
今年はサントラに触れる機会が多かったけど、やはり2016年を象徴するこの作品のインパクトは凄かった。音楽と映画のシーンが脳内で完全にリンクする。伊福部曲の使いどころもあえての音質も絶妙で最高だった。


あとは、チャンス繋がりでDonnie Trumpet & The Social Experimentも良く聴いたし(なんならソロより聴いたけど去年の作品なので載せれず)、フジロックのベストアクトだったBECKも予習復習でよく聴きましたね。映画シングストリートも音楽も内容も良かったし、他にも色々ありますけどね。

今年はDJ現場からも遠ざかってしまって、フロア寄りの堀り方をしなくなったような気がします。純粋に「歌心のある」音楽を求めていた感じでしょうか。コンコスとアヴァランチーズのように、とにかくポップで楽しい音楽がやっぱり好きみたいです。来年も色んな音楽が生まれるのを楽しみにしましょう。

皆様、今年もお世話になりました。このブログ自体更新頻度は低めですが、来年も思い立ったら何か残していくようにしますので、これからもよろしくお願いします!

[PR]
by popjacker | 2016-12-28 23:41 | 【FAVORITE】 | Comments(1)
2015年のアルバム10選 (+1)
今年も残り一ヶ月を切りましたね。少し早いですが2015年、印象的だったアルバムを簡単に紹介します。再生回数というか、印象的だった、思い入れの深い盤を選びました。

○ TWEEDEES 「The Sound Sounds.」
b0201251_23381431.jpg
今年の自分を間違いなく象徴する一枚。一番良く聴いた。崇拝するCymbalsの沖井礼二さんが今年始動させた新バンド。とんでもなくハイクオリティなポップミュージック、美しいサウンド、メロディ、コード進行、ベースライン…。メッセージ性ではなく、ファンタジーなのに普遍的な言葉の選び方。非の付けどころがない完璧な作品ではないかと。もう「虜」ですわ。Cymbalsは後追いだしFROGもスコッツも楽曲提供関係も聴いてきたけど、沖井さんが今もこうしてこの音を鳴らしてくれている時代にいれて良かった。。

TWEEDEES "KLING! KLANG!!"


● Tuxedo「Tuxedo」
b0201251_23402017.jpg
2015年によく聴いた洋楽のキーワードは「DISCO/FUNK」「SOUL/R&B」辺りがキーワードになっていたように思えます。今年のサマソニはTuxedoを観に行ったようなものでした。Tuxedoバンドセット、もちろん最高だったし、内蔵をえぐってくるようなグルーヴが物凄かった。

Tuxedo "Do It"


● !!!「As If」
b0201251_23402502.jpg
どんどんポップになる!!!に昔からのファンは戸惑わないのだろうか…自分としては新譜出るごとに最高!ってなるから大歓迎なのですが。三曲目「Every Little Bit Counts」この曲、事件だと思いませんか?この4536という日本人にしかウケなそうな(偏見?)コード進行をぶち込んでくるとは…!!!のサウンドでこんな曲聴けるとは思ってなかったので驚きと共に自分としては最高過ぎる一曲となりました。

!!! / Every Little Bit Counts


○ LUCKY TAPES「The SHOW」
b0201251_23402769.jpg
日本のインディーシーンで「シティポップ」なんていう言葉が消費され続けて、その線引きがどんどん曖昧になっていく中、そんなジャンルに捕われずひたすら自分たちが気持ちいい音を追求しているバンドではないかなと。2015年一発目のFREE THROWと下北沢サウンドクルージングでライブを観れたが、どちらも本当に「音楽って最高だな〜」なんて余韻に浸れる素晴らしい"SHOW"でした。そんな音楽の魅力がギュッと詰まった今年を象徴する一枚ではないかと思います。

LUCKY TAPES "Touch!"


○ Mr.Children「REFLECTION」
b0201251_23402905.jpg
個人的に前作のorange~は全くという程ハマらなかったもので、待望となった今作は大ボリューム。これだけ曲数あれば再生回数にもムラが発生してしまうけど、それでも「ミスチル、おかえり!」感が凄い。純粋にポップスとして良曲満載、説得力が違う。八年ぶりに参加したライブも良かったし。やっぱミスチルだなぁ〜と。

Mr.Children "足音 〜 Be Strong"


● The Spandettes「Sequin Sunrise」
b0201251_23403283.jpg
あれ、1stって二年も前だっけ?その頃からこういう音に惹かれて初めていたのかも。FreeSoulって言われてもピンと来ない人間ですが、今作は爽やかさはそのままに更にアグレッシブに攻めて来ていて、テンション上がる曲が多いです。

The Spandetts "Love Me Leave Me (Extended ver.)"


● The PB Underground「Stand Up」
b0201251_23403427.jpg
ホント今年はソウル/ファンク的な音に引き寄せられて、その中でもかなりP-VINEにお世話になった感じが否めないけど好きなもんは好きだからしょうがない。先程挙げたキーワードの中でもファンク色が強いけど、それでも相当聴きやすくて初心者な自分にとっては丁度良い心地よさですね。

The PB Underground "Stand Up"


● OJ Law「Let's be adult」
b0201251_23403875.jpg
ikkubaruがインドネシアの山下達郎と呼ばれているように、OJ LawはマレーシアのTahiti80なんて呼ばれていますが、まさにそんな感じのとても耳障り良いインディーポップ。渋谷の小さなセレクトショップ「デシネ」で試聴して直接購入した一枚。DLや通販などでも事は足りるけど、こうやって自分で店に足を運んで店員さんと喋って買ったCDが手元に残る、その感覚を「買う」という感覚のある音楽リスナーってどんどん減ってきちゃうのかなぁ…。

OJ Law "Introverts"


○ REI MASTROGIOVANNI「REI MASTROGIOVANNI
b0201251_23404171.jpg
今年は何と言ってもPOP JACKER vol.9が開催出来た事。I HATE MONDAYSも浅草ジンタも凄かった。そしてレイさんをPJにお招き出来た事が何よりも感慨深かったですね。レイさんのポジティブエネルギーに満ちた新譜は2015年を象徴する一枚にふさわしい素晴らしい盤。いやぁ、色々思い出します。。

REI MASTROGIOVANNI "CLEAR"


○科楽特奏隊 「ウルトラグレイトフルヒッツ」
b0201251_23404416.jpg
このCDはとにかく特撮音楽の歴史を塗り替えるとんでもない一枚であって、その凄さがもっと多くの人に知られなければならないと思っているのですが、その功績者としてレイシオ中村さんが在籍しているという事実が(個人的に)(勝手に)誇らしく思えて仕方ないのです。歴史的名曲をロックバンドがカバーして全国リリース、様々な権利関係をクリア出来た程の特撮への愛が生んだ奇跡。PVも素晴らしい。次は円谷系列をはみ出して更に幅広い選曲、そしてオリジナルアルバムまで期待が膨らんでしまいます。

科楽特奏隊 "ウルトラマンレオ"


【番外編】principal!(プリンシパルエクスクラメーション)「キラースマイル」
b0201251_23404784.jpg
私が楽曲提供させてもらった新潟のアイドルグループの1stアルバムが今年リリースとなりまして、自分の作った曲がしっかり全国流通に乗るのはこれが初めてだったのでやはり思い入れがあります。四人の歌もそれぞれ艶があって良い感じですよ。

principal! 1st album キラースマイル trailer
シャッフルの王道ポップスTr.4"恥ずかしがり屋のI Love You"、モラトリアムロックチューンTr.7"Melody Gazer"、哀愁ミディアムナンバー"ひと雫のセピア"という三曲の作詞、作曲、編曲をしました。なかなか好評みたいです、そろそろ在庫なくなるそうなのでお早めに是非。


ついでに2015年印象的だったライブも。

1/24 OGRE YOU ASSHOLE @ 新潟CLUB RIVERST
4/10 POP JACKER vol.9
4/25 坂本真綾 @ さいたまスーパーアリーナ
7/25 Belle & Sebastian , 岡村靖幸 @ FUJIROCK FESTIVAL '15 DAY2
8/8 Mr.Children @ 新潟デンカビッグスワン
8/15 Tuxedo @ SUMMER SONIC 2015
9/27 TWEEDEES @ 渋谷WWW


長くなりました、最後までスクロールしてくれた皆様ありがとうございました。もちろんこの10枚の他にも沢山あるし、DLなどで手元にないアルバムもあります。曲を作る時間が多くなって来たけど、いつまでもDJである事、何よりも音楽リスナーである事は中心においておきたいです。来年も、沢山の素晴らしい音楽に出会えますように。そして、素晴らしいと言ってもらえるような曲をどんどん生み出して世に放っていけるように頑張ります。
b0201251_00272912.jpg

[PR]
by popjacker | 2015-12-09 00:16 | 【FAVORITE】 | Comments(0)
2013年個人的ベストディスク10選
今年ももうすぐ終わりですね。そろそろ今年聴いた音楽のまとめをする時期になりました。わりとすんなりと10枚選べました。せっかくなので簡単ですがご紹介していきます。先行基準は「2013年にリリースされた」「オリジナル盤である事(アルバム・EP問わず)」
順番は関係ありません、順序なんて付けれませんよ!それでは、どうぞ〜

【THR!!!ER / !!!】
b0201251_21165020.jpg

相変わらず、いや、どんどんバンドが進化しているのがわかる最新作。そして今までで一番ポップ。これが素晴らし過ぎていてもたってもいられずelectragrideに初参加してきました。あの空間で浴びた生の!!!は踊りながら死ぬんじゃないかと思うくらいのパフォーマンスでした。とにかく!!!しか出せないグルーヴでどこで聴いてもたちまちそこはダンスフロア。



【The 1975 / The 1975】
b0201251_2193852.jpg

今年出た新人で一番ビビっときました。4枚のEPを経て満を持してのフルという日本っぽい売り方でデビュー、まず純粋に曲が良い。しっかりポップスの要素がありながら、独特なビートを全身で感じて、ゆるやかに踊れるグルーヴィーでダンサブルなサウンドがとても気持ちいい。中でも「chocolate」は素晴らしい名曲です。



【Station M.C.Ç.B. / möscow çlub】
b0201251_21254638.jpg

日本のドリームシンセポップバンド"モスクワクラブ"の1stLP。音の使い方が幻想的で神秘的な雰囲気の中、肩の力の抜けたゆるやかなビートでゆらゆら揺れて気持ちよくトリップできる素敵な1枚。ライブも色んなアイディアが施される見せ方で楽しかったし、このままマイペースに面白いマーケティングを続けて欲しいと思える、これからも楽しみなバンドです。



【Right Thoughts, Right Words, Right Action / Franz Ferdinand】
b0201251_21301440.jpg

とにかく騒げて楽しいフランツ流ダンスロック!難しい事は何もいらない、音楽なんて楽しく踊れればそれでいいじゃんと思わせてくれる底抜けに楽しいパーティーロックアルバム。理論とか音楽的な決まりに捕われてたらこんな音楽は作れないだろうなぁ。こういう盤に出会えるとホントにうれしくなりますね。



【Mint / Rei Mastrogiovanni】
b0201251_21343713.jpg

関西×USのスカミュージシャン、レイさんのバンドからソロに戻っての最初のEP。新しいスカを追求して辿り着いたNEO SKA MUSIC。音楽のジャンルや関わる人達などの様々なVIBESが渦巻いて生まれたサウンドが示すのはとにかく"ダンスミュージック"である事。レイさんの生み出す音楽にはいつも驚かされてばかりです、大好き。



【ロストインザヤムヤムエクスペリエンス / the hills】
b0201251_215252100.jpg

the hillsと出会ってからもう何年も経ちますが、今年出たこのアルバムは今までで一番"一枚の作品"として何度も聴いてました。四つ打ちだけが踊る要素じゃないと言わんばかりの、歌心と踊りたくなる要素が絶妙にブレンドされている、手足よりも先に内蔵から全身に伝わって体が踊り出す新種のダンスミュージックではないかと思います。



【La Aventura Original / BAND À PART】
b0201251_21591580.jpg

世界で一番大好きなレーベル「Elefant Records」から。今年もとびっきり素敵なポップミュージックを届けてくれました。渋谷系にも影響を受けたというその私を魅了して止まないサウンドは、使ってる音やアレンジのアイディアももちろんですが、きっとスペイン語の滑らかな発音や巻き舌なども影響しているように感じます。



【claire / 花澤香菜】
b0201251_2156505.jpg

とにかく参加している作家陣がもれなく私のツボを突くラインナップ、でもそんなのはただのキッカケに過ぎず、内容がとにかく最初から最後まで一瞬も逃す事の出来ない、甘くとろけるポップな楽曲達が素晴らしい。作家陣、スタッフ、リスナー、いろんな方向からの「愛」を感じざるを得ない、楽しみ方無限大な2013年を代表する名盤に選出"しなければならない"1枚です。



【Spandex Effect / THE SPANDETTES】
b0201251_2213647.jpg

11月にリリースされて滑り込み選出。ソウル、ファンク、ラテン、ジャズ、ディスコ、様々なジャンルをポップに昇華された色んな要素が詰まったダンスポップアルバム。「こうくるか!」「なるほどっ!」と驚いていたらいつの間にか1枚聴き終えてしまうようなハッピーなサプライズが満載なワクワクが止まらない極上のダンスポップが楽しめます。



【MOROHA Ⅱ / MOROHA】
b0201251_22195892.jpg

MOROHAの音楽はMOROHA以外の音楽とはちょっと聴き方が違うんです。何と言うか、自分自身と向き合う為の、自分自身に喝を入れる為のカンフル剤のような立ち位置な気がするのです。ラップとアコギという最小編成にこだわったスタイルで、時に厳しく、時に優しく、突き放すのではなく寄り添ってくれる存在。MOROHAの音楽と言葉に心震えなくなったら終わりかなと思ってます。



こんな感じですかね。2013年も色々な音楽と出会えて幸せでした。去年よりは新譜をしっかりチェックしてたつもりですが、まだまだ今年リリースされた世間的に名盤と言われている辺りを全部チェックしきれてないのがもどかしいです。いくら時間とお金があっても足りない!そんな中でも自分のアンテナにひっかかって出会えた音楽を大切にしていきたいですね。来年も沢山素敵な音楽と出会えますように。。。
[PR]
by popjacker | 2013-12-13 22:50 | 【FAVORITE】 | Comments(0)
POPJACKERアワード2012 (洋楽編)
本当は洋楽邦楽とか分ける必要も無いと思うのですが、この機会に色々紹介しようかなという事で記事を分けて見やすくして書いてみます!

という事で、普段何聴いてるかなどDJのくせにあんまり呟いたりしないので年の瀬にまとめて色々と。今年は個人的に今まで好きだった海外アーティストの新譜でピンとくるのがホントに無かった年でした。PassionPitみたいなブリブリのシンセサウンドにもなんだか飽きて、ポストFriendlyFiresと呼ばれる方々もことごとくハズレ。。そんな中ひと際輝いていたのがDjango Djangoのデビュー作でした!
Django Django / ST (2012)
b0201251_19555158.jpg

2012年で洋楽では再生回数1位のアルバムになりました。どの音も主張しすぎず且つタイトでダンサブルなサウンドがクセになる1枚。大音量で聴きながら踊りたくなります。"default"の無心で身を委ねたくなる高揚感ハンパないです。正直、この音源が良過ぎてフジロックで観る際のハードルが上がりすぎてしまいライブはまぁ普通って感じでしたが…笑

Django Django / Default 
今年リリース作品だとこれが1番ですかね。洋楽はやっぱりフジロックに出たアーティスト中心になります。The D.O.T.のEPも良かったのですがフルアルバムはまだ未チェックです。。ノエルもフジロック後よく聴いてたのですがあれは2011年作品でした。


さて私、自らをポップジャッカーと名乗っておりまして日々良質なポップミュージックの探求をしてます。年代関係なくすればこの辺がとっても良かったです。
Mindy Gledhill / Anchor (2010)
b0201251_2074319.jpg

透き通った美しい歌声が最高に心地いい米国の女性シンガーソングライター。今年はクリスマスアルバムをリリースしているのですが、今回は2010年作品のこちらをチョイス。全編、幸せな音に包まれた極上のアコースティックポップアルバムです。アコポップとは言えしっかりとビートもあってゆらゆらと踊れる、とっても可愛くて楽しい音楽が詰まっています。素晴らしいです。中でもこの曲がとっても好きなんです。

Mindy Gledhill / All the Pennies


あとは韓国のポップバンド"Julia Hart" というバンドを見つけました。
Julia Hart / Hot Music (2007)
b0201251_20482333.jpg

これがホントのK-POP!? 韓国にもこんな感じのインディーポップバンドは結構いるのですが、このバンドは私のアンテナにビビっと引っかかりましたねぇ。このリンク先の曲は韓国語なのですが、なんとCDには日本語バージョンも入っていて、ディズニーをはじめ世界で人気のキャラクター名を並べてた詞をたどたどしい日本語で歌っていてとても可愛い曲です。チープなサウンドと脱力ボーカルが心地よい。若干聞き慣れない韓国語の響きも、世間では流行っている曲みたいにくどく感じなくて良い感じです。

Julia Hart / Disney Girl


あとはアワード2012もはや関係ないですが、これはずっと好きで聴き続けてます。スペインの上質ポップレーベルElefant Recordの"Band a Part"、相変わらず大好きです。せっかくの機会なので紹介させて下さい。
BAND À PART / No Se Por Que (2010)
b0201251_2049386.jpg

Elefantのバンドは大体ツボですが、別格ですね。発表されてる曲が全部良い。全部こんな感じですが、全部良いんです笑 まだ7inchのみでCDでのリリースが無いのでフルアルバムが待ち遠しいですね!

BAND À PART / Una Persona Normal Con Gafas De Metal
ほらもう最高でしょ?この音と雰囲気。笑 あとスペイン語の響きってすごく可愛いですよね。もうまさにこういうポップミュージックに乗る為に出来た言語であるかのような語感。たまらないですわ〜。私の4thMIXCDの後半にもBand A Partの最高な曲が入ってるので是非。(宣伝w)


他にも世界各国から沢山のポップなサウンドを発掘したので、来年頭にリリース予定の5thMIXCDで一気にご紹介できるかと思います。5枚目のMIXCDとなる次作は、このブログで紹介したポップなサウンドが満載になる構想です。過去最高にポップです。確実にポップさでは余裕で前作超えます。お楽しみに!

CD全体の出費だと金額は単価が高い邦楽だけど、枚数は洋楽が勝っているような気がします。東京行ってユニオン巡りしてCD30枚買ったとしたら内容はほとんど洋楽ですからね。その中でも大ヒットが1枚でもあればいい方です。

ん〜…な〜んか書き逃してるのがあるような気がするけど…。まぁ良かった音楽全部挙げてったらキリがないのは当たり前な訳で。それこそMIXCDなんてそういったご紹介に最適だと思います。(最後まで宣伝w)

POPJACKERアワード2012洋楽編はとりあえずこんな感じです!最後まで読んで頂いてありがとうございました〜!
[PR]
by popjacker | 2012-12-27 20:53 | 【FAVORITE】 | Comments(0)
   

DJ KAZによるホームページ兼、新ブログです
by popjacker
> 最新の記事
2016年ベストアルバム9選..
at 2016-12-28 23:41
近況 -2016/12/23-
at 2016-12-23 03:14
[SET LIST] 201..
at 2016-09-10 13:36
フジロック2016レポ
at 2016-08-10 23:00
MOROHAワンマンライブ ..
at 2016-05-29 22:17
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧