<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「歌は魔法かな」
2015年も終わりですね。今年も沢山の皆様にお世話になりました。関わってくれたすべての皆様に感謝致します、今年も一年ありがとうございました。
今年の大きな出来事としてはやはりPOP JACKER vol.9の開催、そして楽曲提供したアイドルの全国流通音源リリースが大きなトピックでしょうか。
この記事のタイトルは私がprincipal!に提供した"Melody Gazer"という曲の一節ですが、今年は音楽というものがいかに「人への影響力があるか」を実感した年でもありました。


NO MUSIC NO LIFEなんて標語がありますが、実際人間にとって音楽なんて無くても生きて行けるし、娯楽のひとつに過ぎないわけです。それでも、人それぞれ音楽に対する価値観の重さは違っても、少なからず生活に良くも悪くも影響している事も確かです。私は音楽に魅せられてしまって以来、DJをして紹介したり、自ら生み出したりしながらすがって来た身としては音楽に何度となく救われていました。

しかし、前回の近況の投稿から間もなく私の父は亡くなりまして、それから二ヶ月が経ちました。このように本当の窮地に立たされた時、今まで聴いてきて助けてくれた音楽なんて何の助けにもならない事を痛感しました。父の容態が日々変化する中、四六時中緊張している状態になって大きな音でも不安を煽られる感じに体がなってしまいました。その不安から、自分の好きな音楽程体が受け付けなくなり、再生するのも怖いくらいになりました。その時は無音状態も色々考えてしまって頭が痛くなるので、無理矢理ラジオや音楽の流れないPodcastを聴いて気を紛らわせていました。

けど、そんな時にこそ、ふと入って来た音楽のほんの一節にハッとしたり、いつも好きで聴いていた音楽が日常を取り戻してくれたり。音楽は勝手にどこかに行ったりはせず、どんなときも寄り添っていてくれる存在であると。あぁ、やっぱり音楽が鳴ってないとだめだなと、改めて痛感した時期でもありました。またここでも音楽に救われていたわけです。


先日のトークイベントでNegiccoのプロデューサーであるconnieさんが"圧倒的なスタイル"という曲の事を「夢を捨てきれない自分自身への応援歌でもある」と紹介していて、自分にとってまさにその曲が"Melody Gazer"という曲だなぁと思いながら聞いてました。押しつけみたいになってたらごめんなさい。

バンドがやりたくて中学の時に楽器を手にし、けどずっと組めずにいて、一人でも活動できるDJのスタイルを見つけて、自分の居場所を作るためにPOP JACKERを立ち上げた。そうやってもがきながら活動を続けていたら、こうして曲を作って世に放てる機会を頂けた。
「いい歳して…」なんて誰かに哀れだと思われてたとしても、音楽をずっと辞めなかったから、もがきつづけてみたから、少しずつ自分の世界が変わっていって、今の自分がいる。色んな音楽を聴いて、色んな気持ちを知って、数えきれない程の影響を受けてきた。少なくとも自分はそうあり続けてきました。

この"Melody Gazer"という曲には「君」が出てきません。「僕」と、理想とする「もう一人の僕」との葛藤、って感じでしょうか。そこからの一歩を踏み出す勇気が生まれる夜明け前、そんなイメージですかね。この曲を聴いて、何でも良いから何か感じてもらえたら、それほど嬉しい事は無いです。歌ってる本人達も、何か感じてくれていたら嬉しいです。それが、目には見えない所謂"魔法"みたいなものかなぁと、ありきたりな表現ではありますが思ったりしたわけです。


そんな感じで、音楽の影響力を再確認した2015年。2016年は、改めて音楽と向き合って、少しでも多くの人の力になれるような良い曲を生み出していきたいです。2016年もよろしくお願いします!(Melody Gazerは14:48辺りから)

[PR]
by popjacker | 2015-12-31 01:32 | 【DIARY】 | Comments(0)
2015年のアルバム10選 (+1)
今年も残り一ヶ月を切りましたね。少し早いですが2015年、印象的だったアルバムを簡単に紹介します。再生回数というか、印象的だった、思い入れの深い盤を選びました。

○ TWEEDEES 「The Sound Sounds.」
b0201251_23381431.jpg
今年の自分を間違いなく象徴する一枚。一番良く聴いた。崇拝するCymbalsの沖井礼二さんが今年始動させた新バンド。とんでもなくハイクオリティなポップミュージック、美しいサウンド、メロディ、コード進行、ベースライン…。メッセージ性ではなく、ファンタジーなのに普遍的な言葉の選び方。非の付けどころがない完璧な作品ではないかと。もう「虜」ですわ。Cymbalsは後追いだしFROGもスコッツも楽曲提供関係も聴いてきたけど、沖井さんが今もこうしてこの音を鳴らしてくれている時代にいれて良かった。。

TWEEDEES "KLING! KLANG!!"


● Tuxedo「Tuxedo」
b0201251_23402017.jpg
2015年によく聴いた洋楽のキーワードは「DISCO/FUNK」「SOUL/R&B」辺りがキーワードになっていたように思えます。今年のサマソニはTuxedoを観に行ったようなものでした。Tuxedoバンドセット、もちろん最高だったし、内蔵をえぐってくるようなグルーヴが物凄かった。

Tuxedo "Do It"


● !!!「As If」
b0201251_23402502.jpg
どんどんポップになる!!!に昔からのファンは戸惑わないのだろうか…自分としては新譜出るごとに最高!ってなるから大歓迎なのですが。三曲目「Every Little Bit Counts」この曲、事件だと思いませんか?この4536という日本人にしかウケなそうな(偏見?)コード進行をぶち込んでくるとは…!!!のサウンドでこんな曲聴けるとは思ってなかったので驚きと共に自分としては最高過ぎる一曲となりました。

!!! / Every Little Bit Counts


○ LUCKY TAPES「The SHOW」
b0201251_23402769.jpg
日本のインディーシーンで「シティポップ」なんていう言葉が消費され続けて、その線引きがどんどん曖昧になっていく中、そんなジャンルに捕われずひたすら自分たちが気持ちいい音を追求しているバンドではないかなと。2015年一発目のFREE THROWと下北沢サウンドクルージングでライブを観れたが、どちらも本当に「音楽って最高だな〜」なんて余韻に浸れる素晴らしい"SHOW"でした。そんな音楽の魅力がギュッと詰まった今年を象徴する一枚ではないかと思います。

LUCKY TAPES "Touch!"


○ Mr.Children「REFLECTION」
b0201251_23402905.jpg
個人的に前作のorange~は全くという程ハマらなかったもので、待望となった今作は大ボリューム。これだけ曲数あれば再生回数にもムラが発生してしまうけど、それでも「ミスチル、おかえり!」感が凄い。純粋にポップスとして良曲満載、説得力が違う。八年ぶりに参加したライブも良かったし。やっぱミスチルだなぁ〜と。

Mr.Children "足音 〜 Be Strong"


● The Spandettes「Sequin Sunrise」
b0201251_23403283.jpg
あれ、1stって二年も前だっけ?その頃からこういう音に惹かれて初めていたのかも。FreeSoulって言われてもピンと来ない人間ですが、今作は爽やかさはそのままに更にアグレッシブに攻めて来ていて、テンション上がる曲が多いです。

The Spandetts "Love Me Leave Me (Extended ver.)"


● The PB Underground「Stand Up」
b0201251_23403427.jpg
ホント今年はソウル/ファンク的な音に引き寄せられて、その中でもかなりP-VINEにお世話になった感じが否めないけど好きなもんは好きだからしょうがない。先程挙げたキーワードの中でもファンク色が強いけど、それでも相当聴きやすくて初心者な自分にとっては丁度良い心地よさですね。

The PB Underground "Stand Up"


● OJ Law「Let's be adult」
b0201251_23403875.jpg
ikkubaruがインドネシアの山下達郎と呼ばれているように、OJ LawはマレーシアのTahiti80なんて呼ばれていますが、まさにそんな感じのとても耳障り良いインディーポップ。渋谷の小さなセレクトショップ「デシネ」で試聴して直接購入した一枚。DLや通販などでも事は足りるけど、こうやって自分で店に足を運んで店員さんと喋って買ったCDが手元に残る、その感覚を「買う」という感覚のある音楽リスナーってどんどん減ってきちゃうのかなぁ…。

OJ Law "Introverts"


○ REI MASTROGIOVANNI「REI MASTROGIOVANNI
b0201251_23404171.jpg
今年は何と言ってもPOP JACKER vol.9が開催出来た事。I HATE MONDAYSも浅草ジンタも凄かった。そしてレイさんをPJにお招き出来た事が何よりも感慨深かったですね。レイさんのポジティブエネルギーに満ちた新譜は2015年を象徴する一枚にふさわしい素晴らしい盤。いやぁ、色々思い出します。。

REI MASTROGIOVANNI "CLEAR"


○科楽特奏隊 「ウルトラグレイトフルヒッツ」
b0201251_23404416.jpg
このCDはとにかく特撮音楽の歴史を塗り替えるとんでもない一枚であって、その凄さがもっと多くの人に知られなければならないと思っているのですが、その功績者としてレイシオ中村さんが在籍しているという事実が(個人的に)(勝手に)誇らしく思えて仕方ないのです。歴史的名曲をロックバンドがカバーして全国リリース、様々な権利関係をクリア出来た程の特撮への愛が生んだ奇跡。PVも素晴らしい。次は円谷系列をはみ出して更に幅広い選曲、そしてオリジナルアルバムまで期待が膨らんでしまいます。

科楽特奏隊 "ウルトラマンレオ"


【番外編】principal!(プリンシパルエクスクラメーション)「キラースマイル」
b0201251_23404784.jpg
私が楽曲提供させてもらった新潟のアイドルグループの1stアルバムが今年リリースとなりまして、自分の作った曲がしっかり全国流通に乗るのはこれが初めてだったのでやはり思い入れがあります。四人の歌もそれぞれ艶があって良い感じですよ。

principal! 1st album キラースマイル trailer
シャッフルの王道ポップスTr.4"恥ずかしがり屋のI Love You"、モラトリアムロックチューンTr.7"Melody Gazer"、哀愁ミディアムナンバー"ひと雫のセピア"という三曲の作詞、作曲、編曲をしました。なかなか好評みたいです、そろそろ在庫なくなるそうなのでお早めに是非。


ついでに2015年印象的だったライブも。

1/24 OGRE YOU ASSHOLE @ 新潟CLUB RIVERST
4/10 POP JACKER vol.9
4/25 坂本真綾 @ さいたまスーパーアリーナ
7/25 Belle & Sebastian , 岡村靖幸 @ FUJIROCK FESTIVAL '15 DAY2
8/8 Mr.Children @ 新潟デンカビッグスワン
8/15 Tuxedo @ SUMMER SONIC 2015
9/27 TWEEDEES @ 渋谷WWW


長くなりました、最後までスクロールしてくれた皆様ありがとうございました。もちろんこの10枚の他にも沢山あるし、DLなどで手元にないアルバムもあります。曲を作る時間が多くなって来たけど、いつまでもDJである事、何よりも音楽リスナーである事は中心においておきたいです。来年も、沢山の素晴らしい音楽に出会えますように。そして、素晴らしいと言ってもらえるような曲をどんどん生み出して世に放っていけるように頑張ります。
b0201251_00272912.jpg

[PR]
by popjacker | 2015-12-09 00:16 | 【FAVORITE】 | Comments(0)
   

DJ KAZによるホームページ兼、新ブログです
by popjacker
> 最新の記事
2016年ベストアルバム9選..
at 2016-12-28 23:41
近況 -2016/12/23-
at 2016-12-23 03:14
[SET LIST] 201..
at 2016-09-10 13:36
フジロック2016レポ
at 2016-08-10 23:00
MOROHAワンマンライブ ..
at 2016-05-29 22:17
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧